最新釣果&ブログ

2019 / 05 / 28  09:50

5/28 白いか中錘式エギング座学会

 

 

 

いよいよ今年も白いかシーズン突入に際して、お問い合わせも多いので~~

 

ここで座学会でもと、、、!(^^)!

 

 

 

まずは鳥取の白いかシーズンから、、、

 

スタートは年によって前後しますが早い年にはGW直後から遅いときには6月後半よりスタートしますね~

 

シーズン序盤の6月いっぱいまでは産卵に来た親イカ、うちではそれを(ぬんぬん)って言ってますがこれをとるのが究極にテクニカルでオモロイ!!

IMG_0544.JPG

 

これですねっ!!ぬんぬん!(^^)!

 

 

うちは変態が集まる船なんで遠くはブラジル人も来てくれますっ((´∀`))ケラケラ

 

 

6月は釣果ムラめっちゃ激しく前日釣果なんて全くアテになりません、、、(ま、シーズン通してですが、、、)

 

 

 

で、この6月のぬんぬんの狙い方ですがぁーー

 

基本的にはスピニンリールでキャストして集魚灯の届かない暗部から誘ってきてから手元で食わせるってイメージです

 

で、そん時に重要なのがリール

 

IMG_3769.JPG

 

えなりんはダイワのソルティガ4000Hを使ってます~

 

 

シマノだったら6000番ノーマルですねー

 

 

 

えぇっ!?

 

なんでそんなジギング用の大きなリーールをっ??

 

って言われますが、、、

 

 

しゃくり方、ワンピッチなんでしっかりジギングですよっ!!

 

逆に小型リールでワンピッチできる人おったら見せていただきたいですねー

 

よく見かけるエギング用リールなんかでは1回転当たりの巻き量が全然足りませんので話になりませんからねーー

 

エギが海中でキレイにシャクれてないととーぜん釣れませんから!!

 

 

んで、編集でカットしちゃってるんで載ってませんがこれはすべてキャストしてからの引き込み誘いでのキャッチです

 

 

対象が親イカなんで警戒心が強いためにステイ時間を長めにとる場合が多いです。

 

補足されてるときが分かってるときには2分近く超ロングステイとるときもあるんですよ~

 

 

なんせ何でも大きなものを捕獲するには知恵と技術と道具すべてが揃ってないと難しいでしょー

 

 

白いかで言えばまさに6月がそれ!  大型狙いの難易度大のシーズンですわぁー

 

 

あっ!!

 

あと、取り込み方法もよく見といてくださいよぉーー

 

ぬんぬんサイズはロッド破損するので引っこ抜き厳禁ですよぉーー

 

 

 

んで、7月になればいよいよ数釣りのハイシーズン

 

 

6月最終週あたりから8月いっぱいまでは一気に釣果が伸び、ぬんぬんも時折混ざりますが中剣メインの数釣りになりますー

 

 

で、狙う水深も深くなっていくので6月後半にはスピニングキャストの優位性がなくなり、変わって目まぐるしく変化する中層感度をバーチカルで狙うスタイルに変わっていきます

 

なのでリールはスピニングからベイトタイプが有利になり、さらに水深カウンター付きがベストになります

 

IMG_3768.JPG

 

うちではダイワ、ソルティストics103に先ほどと同じ理論でワンピッチができないと意味がないので

 

外品のロングハンドルに換装して対応してますが、ここ近々にダイワ、シマノ両社からカウンター付きの高剛性、ロングハンドル仕様のリールが発売されてきたのでそちらも注目ですねっ

 

 

えなりんはつい先日、ダイワのキャタリナ150を発注しましたよっ!!

 

 

そして一番大事なのはエギ!!

 

IMG_3771.JPG

 

えなりんは真山釣り具さんのオリジナルのドットシリーズに絶対的信頼を寄せていまーす

 

ただ、問題はベースのエギ王Qが絶版になるらしく今後手に入るかどうか・・・

 

 

よく、カラーのことを質問される方がおられますが、カラーはどんなときにも1色固定で当たるなんてあり得ません!!

 

確かにたまにほぼほぼ固定ッてな時はありますが、それでも相対色順にバンバン、カラーローテを繰り返して入れ乗りの時でも3匹ほどでカラーローテを入れるのが基本です

 

 

えなりんは30色ほど持ち込んで、開始から1時間以内にその日のスタメンカラーを5色ほど選抜し

 

あとは釣れようが釣れまいがバンバン相対色順にカラーローテを繰り返してイカさんを常に引き付けるように心がけてます

 

 

 

うちでよく釣る人トップ10はすべて同様のやり方で成功されておられるので少なくともうちではそれが成功の近道であることに間違いはないですが、

 

残念ながら見てる限り9割のお客さんはそれをご理解されてない感じなんで今一度ローテーションに再度意識を持って行ってくださいねーー

 

 

んで、根本的なエギの種類ですがアオリイカ用のエギは基本釣れません、、、(赤テープだけは除外)

 

白いか用は基本、ケイムラになってますし、グロー系も強いときがありますよっ

 

大きさは2.5号か2.0号で、、、

 

 

 

えなりんは迷宮入りするのを避けるために2.5号で統一してますわー

 

 

ちゃんと最低白いか用のエギを持ち込んでください。 たまエギ3.4個だけ持ち込んで来られる方おられますがその時点で試合放棄してるようなもんです、、、

 

遊漁船代も安くないんですから、備えはしっかり行うか、買えないなら無理して高い船に乗るべきではありません!!

 

 

 

あと、大事なのがPEラインの太さ!!

 

 

うちは0.6号以下ですっ!!

 

0.8号じゃーーだめです!!

 

0.6と0.8号は全然太さがちがいますーー

 

 

潮に流されて感度悪くなって釣れなくなるのは自業自得で結構なんですが、流され方が違うためにオマツリ三昧になり近隣の方にご迷惑をかけます。

 

 

絶対に0.6号厳守ですっ!!

 

 

特にグループでご予約の方、末端の方まで周知徹底おねがいしますよっ!!

 

 

これだけ口酸っぱく言ってても毎年必ずおられます、、、((+_+))

 

 

 

ちなみに去年やと4号の方がおられました、、、ヒラマサ釣るんかいっ!??   

 

、、、当然速攻釣り中断していただきました。

 

 

 

くれぐれもグループ予約の代表者さま、末端まで周知徹底おねがいしますよっ!!

 

 

 

 

ちょいと話脱線しましたがぁーー

 

 

錘は6月のキャスト用に8号~20号

 

バーチカル用に20~40号になります。

 

 

※鳥取は潮が早いところですから必ず40号は持ち込みお願いします。

これもグループの代表者さん周知徹底お願いしますよっ

 

 

 

錘の種類、基本的には蛍光錘がいいですねっ

(TAKATAの釣れるんです)

が安価で蛍光体の持続性もピカ1

 

 

8月中旬以降はサゴシが沸く場合がありますので、その場合は黒色錘にエギも光らないエギ(アオリ用)なんかで対応します。

 

 

 

 

やっと出てきたロッドですが、、、

 

ゆーーまでもなく

 

IMG_2556.JPG

 

ARES Black Jaguar (漢気)しかないでしょーよ

 

 

他になんかいいロッドありませんかぁー??

 

なんて質問はフル無視しますっ((´∀`))

 

 

 

こちらも、この世に存在しないから膨大な時間と労力を惜しまずにジィジと2人で泣きながら、、、時には変な汁出しながらたどり着いた答えですので

 

これ以外に薦めるものもありませんしねぇーー、、、

 

 

 

 

 

んで、9月になればイカの群れが入れ替わり新子(子供)になりますー

 

 

こーなれば、ワヤクソ数釣りパターンになることが多いのでえなりん推奨の中錘式よりも巷で流行ってるイカメタルのほうが強くなってきます。

 

 

ただ、気をつけていただきたいのが鳥取は潮の早い海域、、、

 

イカメタルのメタルも15号~40号が必須になりますのでご注意を!!

 

 

 

 

9.10月の楽しみは白いかもいいですが

 

釣れた白いかを泳がせ仕掛けにセットして、、、

 

IMG_2603.JPG

 

80オーバーの真鯛やヒラマサを狙うもよし!!

 

IMG_0496.JPG

 

タルイカ狙いもファイトがたまんないよねぇーー((´∀`))ケラケラ

 

 

あと、キロ近くのアオリイカも浮いてくることしばしばありますからオカッパリキャスト用のアオリセットもお忘れなくぅーー

 

 

 

 

ながぁーーくなって恐縮ですが、これがヤングバードの秋までひたすら続くナイトゲームの楽しみ方ですっ!!

 

 

それぞれの季節の楽しみ方に沿って楽しんでくださいねーー